おおた皮フ科形成外科クリニック|肌診断|皮膚癌検診|ZO(ゼオ)スキンシステム|大阪市天王寺区

 06-6765-8611

形成外科

皮膚腫瘍の治療

皮膚科皮膚外科の項目をみてください。

熱傷

熱傷学会の専門医をしていますので、多くの問い合わせをいただいています。熱傷の項目をご覧ください。

傷跡の治療

傷跡の治療ですが、基本的には、再縫合しなおすのですが、z形成術など、形成外科的な技術を利用して、出来るだけ目立たない傷跡にすることを目標になります。傷跡がなくなることはありません。ちまたでは、レーザーで傷跡がなくなるなどという情報がありますが、そんな方法はありません。

あざ

大まかにいうと、赤いあざは血管腫、青いあざは太田母斑、茶色いあざは扁平母斑です。

血管腫に関しては治療するレーザーをおいていませんので、血管腫を治療するレーザを持っている信頼できる専門の先生に紹介します。青いあざや茶色いあざは当院のQスイッチルビーレーザーで治療可能です。

眼瞼下垂

若い人でもコンタクトが原因になる人や加齢により、皮膚が弛緩するとともに、眼瞼挙筋が緩む人。眼瞼挙筋のみが緩む人など、原因は様々ですので、手術方法もかわってきます。

まずは、診察をして、手術方法をお話ししますにで、その上で、治療を検討してください。原則的に保険診療になります。

褥瘡(床ずれ)

往診はしていませんが、治療のアドバイスは行います。

その他形成外科的治療を行なっています。