院長ブログ

形成外科、皮膚外科治療

■形成外科、皮膚外科治療
(ほくろ、シミ、いぼ、わきが、きずあと、陥没乳頭、皮膚癌、まぶたのたるみ、乳房再建など)保険取り扱い

ほくろひとつでも、美的に気になる方から、悪性か良性かを気になさる方、機能的にじゃまになる方、様々な診察理由があります。それぞれの方にあった治療を紹介し、納得いただいて治療をしたいと思います。治療の目安としては3割負担の方で6,000円から10,000円。目立つきずあとなどもきれいに治す治療も行います。陥没乳頭、わきが、まぶたの下垂などの健康保険適応のある通院手術も可能です。また、乳房の再建などに関する疑問や質問についてもお答えします。

まぶたの下垂(両側45分 3割で片側約22,000円)

加齢によりまぶたがたれさがると、朝おきたときまぶたがくっついたりしたことはありませんか。視野がせばまりうっとうしものです。まぶたの手術で改善することができます。

陥没乳頭(両側30分 3割で片側約22,000円)

授乳によりい肥大した乳首や先天的や加齢により萎縮した乳腺により陥没が目立つ乳頭などの治療も行えます。

わきが(両側45分 3割で片側約18,000円)

気になる、わきのにおい。わきの手術をとんでもない人にまかせてとんでもなくなった方の治療も行えます。
わきがは保険診療で手術は可能ですが、実際は、手術後の傷に悩まれている方が多数おられます。そういう背景もあり、最近は院長は手術治療はすすめていません。
(ただし、手術希望の方は、紹介などしています)
最近は、D-barという外用剤がかなり効果的です。また、ボトックス(34,000円から)をお勧めすることが多いです。

【シミやホクロの治療】

●シミ、ホクロともレーザー治療で、すごく、安全楽々に取り除くことができます。

手術前
手術前
矢印
手術後
手術後

●シミはQスイッチ・レーザーで容易にとれます。麻酔も不要です。ホクロは炭酸ガス・レーザーが最適です。
(跡形が一番残りません)治療直後から洗顔もできます。

●レーザーを使わなくともきれいになるシミもあります。シミのタイプを確実に診断するのが何よりも大切です。
(専門医でないと無理です!)外用剤や内服薬を紹介いたします。

●ホクロも場合によっては皮膚癌の可能性があるものもあります。「顕微鏡での病理検査」をして性質をよく調べる必要があります。 健康保険適用で検査可能です。
ホクロは保険適用の場合3割負担で6,000円程度。シミの治療は自費診療で500円ぐらいの大きさまでは10,000円を目安に行っています。(税抜)

コメントは受け付けていません。